Eminemは日本が嫌いとよく言われるけど、それって本当?

スポンサーリンク
Artist

 

 

「ヒップホップは黒人のもの」

 

その常識を覆し、貧困層からラップ・ゴッドへと登りつめた白人ラッパーのEminem(エミネム)

 

出典:xxlmag.com

 

ヒップホップを知らない人も、名前だけは知っている。そんな方も多いでしょう。

 

今回はそんな超人気ラッパーのEminemに度々囁かれる「日本人が嫌い?説」について、なぜそんな噂が広まったか。それは事実か?ただの噂なのか?

 

火のないところに煙は立たぬなんて言いますし、何かそう噂されてもおかしくない一件や発言があったのかもしれませんが、、、

 

その辺りを筆者なりに調べてみましたので、簡単にご紹介していきます。

 

 

日本人嫌いと言われたきっかけ

The Anger Management Japan Tour 2003

 

Eminemは過去に3度来日しライブをしてます。

2001年7月28日 フジロックフェスティバル2001
2003年5月23日 The Anger Management Japan Tour 2003 幕張メッセ 4・5・6番ホール
2003年5月24日 The Anger Management Japan Tour 2003 幕張メッセ 4・5・6番ホール
2012年8月16日 THE RECOVERY JAPAN TOUR 2012 舞洲特設会場
2012年8月17日 THE RECOVERY JAPAN TOUR 2012 QVCマリンフィールド

 

出典:themoviedb.org

 

Eminemの半自伝映画である8mileの公開記念と合わせて行われたThe Anger Management Japan Tour 2003”

 

2度目の来日であったこのライブをきっかけにEminemは日本人に興味が無くなったのではないかと噂されるようになります。

 

 

原因は日本人ファンのノリが悪かったこと?

 

当時このライブに参加された日本人ファンの方々がこんなコメントしていました。

 

エミネムは長いフレーズやかけ合いの一部をオーディエンスに歌わせるといった事が結構多く、それについていけてない人が多くいた気がした。

 

「こいつら本当に意味がわかって盛り上がってるのか?」っていう感じがした。

 

ゲストで登場した50centに会場が沸いてなかった。知らな人が多かったんだろう。

 

なんとなくこのコメントを見る限り、コアなファンを除いて全体的にオーディエンスの沸き方があまり良くなかったのだろうというのが想像できます。確かに先にあげた動画でもEminemはマイクをオーディエンスへ向けて歌わせるような場面がありましたね。

 

ただこれに対して「Eminemはブチギレ寸前だった」とか「途中で帰った」なんてコメントもありましたが、これに関する証拠はありませんし、それは当時ライブに行ったファンがそう見てとれたのかもしれませんが、実際Eminem本人がどう思っていたかはもちろんわかりません。

 

 

海外ファンからの大批判?

 

YouTubeへあげられたThe Anger Management Japan Tour 2003の模様をアップした動画。

 

 

こちらの動画は2020年6月現在で「高評価66」に対して「低評価121」と低評価が高評価を大きく上回るという悲惨な状況に・・・。

 

この映像を見た(評価した)海外ファンから「ここにどれくらいの人がいたの?」「Eminemは若者のようにパフォーマンスしてるってのにここの観客はクソみたいだ」「この低評価をコンサートにいた全ての日本人へ送ろう。 今まで見た中で一番最低の観客だ」「ジャップは部屋の中で楽しんでればいい」「日本人は何を楽しみに生きているんだ?」などとコメントし、日本人ファンを痛烈に批判しています。

 

結果この模様を見た海外ファンから「最悪」という太鼓判を押されてしまったわけです。こういった様子から「Eminemは日本人が嫌い」と噂が立つ原因になってしまったのでしょう。

 

まあ海外からこの動画のページまで来て、よく叩く暇があるなと思ってしまいますがね・・・笑

 

これはきっと言葉の壁だったり、ヒップホップにどっぷり浸かってないファンも多く集まったライブだったんでしょうから、そういったノリの温度差が出るのは当たり前だと思います。ファンであることに変わりはないのになぜそこまで囃し立てる必要があるのか筆者は不思議でなりません。

 

 

Eminem自身の日本に対する発言

 

そんな一件があったことは分かりましたが、実際にEminem本人は日本についてどう思っているかが気になるところですよね。

 

調べていくと明るい発言もありましたよ。

 

2004年に朝の情報番組でお馴染み「めざましテレビ」がEminemの所属するD12の「D12 World」というアルバムリリースに関する取材をイギリス・ロンドンにて世界の5ヶ国のみ取材許可という狭き門に見事選ばれインタビューすることに成功します。

 

出典:discogs.com

 

日本での人気を伝えられたEminemは

嬉しいよ。ファンは人種も歳も関係ない。日本人にはお返しがしたい。また日本に行って日本酒が飲みたいよ。

と話しています。これは嬉しい発言ですね。

 

 

筆者的結論

 

まあ実際のところEminem自身が日本人についてどう思っているかは分かりませんが、どの国においてもファンは大切だしそこに人種や年齢は関係ないと発言しているところを見ると日本人に全く興味が無いということではないと思います。

 

先述したように言葉の壁だったり、ノリの違いなどは仕方のない事だし、囃し立てるアンチが出るのはアーティストの話題に限らずメディアやSNSにはつきものなので、これに関しても全く気にする必要はないでしょう。筆者自身Eminemファンの1人として、これからも応援し続けることに変わりありません。

 

それにしても年を重ねる毎にラップのキレが増していくラップ・ゴッドって、超人ですよね・・・。もし次に来日することがあれば圧巻のライブパフォーマンスを是非体感したいです。

 

そういえば先日、Eminemはセカンドアルバム「The Marshall Mathers LP」のリリースから20周年記念ということで、同アルバムに収録されている「The Real Slim Shady」「The Way I Am」「Stan」の3曲のリマスター版MV(1080p)をYouTubeに公開しましたね。

 

 

高画質になったMVを是非チェックしてみてください。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました