声やフロウがカッコいい!日本人ラッパーを紹介

スポンサーリンク
日本語ラップ

 

 

nekuradjです。

 

 

いよいよ自分の会社もテレワークが連休明けから始まることが決まりました。

 

いやいや、おそ・・・笑

 

まあやらないよりかはいいか。笑

 

仕事上5月がかなり忙しい時期に入るので、ブログの更新頻度が低くなってしまったらすみません。

 

なるべく時間を見つけて更新していきたいと思います。

 

今回は

筆者の独断と偏見ではありますが日本で活動する、声やフロウの仕方に特徴があるカッコいい(イケてる)ラッパーをご紹介させていただきたいと思います。

BES from SWANKY SWIPE

出典:cdjournal.com

 

日本一のドープラッパーの呼び声も高い
BES from SWANKY SWIPE(ベス from スワンキー・スワイプ)

 

現在はソロでの活動がメインですが、SEEDAなどが所属するSCARS(スカーズ)のメンバーとしても有名です。

 

 

 

トラブルもあったりして活動休止を余儀なくされた時期もありましたが、日本人ラッパーで誰が好きかって聞かれればBESが真っ先に出る人は多いと思います。

 

ラッパーはリリック(歌詞)」と「フロウ(歌い方)」と「声質という主に3つの武器で戦うわけですよ。この中の「リリック」と「フロウ」っていうのは憧れの人を参考にしたり、自分のスタイルを磨いたりして日々鍛えることができるものです。しかし「声質」というのは生まれ持ったものでどうしても変えることは出来ない、言わば「神からの贈り物」なんですよ。

 

ラッパーBESはこの3つの武器の性能が他のラッパーとは比べ物にならないほど強いんですよ。

 

The Process / BES from SWANKY SWIPE
BESの代表曲

 

この頃のBESはまさに敵無しと言っても過言ではないほどガチガチにカッコいいです。

 

(0:50頃〜)
誰もが正義また誰もが悪魔 
瘋癲(ふうてん)なら余計に覚悟が正義 
追い風をイメージ首と手がグラインド 
Mind Feelする場所運ぶフライト 

(1:56頃〜)
一度やったFlowで決めつけんなファン 

Feelしたラッパーなら信じればFun 

 

自分はこの辺りのフロウが好きっすね。

 

Group Home feat.ONE-LAW / BES from SWANKY SWIPE

 

Rebuild / BES from SWANKY SWIPE

 

STUDIO LIVE : Bunks Marmalade, 愚痴か?否か?
スタジオライブ映像です。

 

 

S.L.A.C.K.

出典:tunecore.co.jp

 

PUNPEEという天才ラッパーを兄に持ち、PSGのラッパーとして、また最近では「5lack a.k.a. 娯楽」名義で楽曲をリリースすることも多いS.L.A.C.K.(スラック)

 

(兄)PUNPEE

出典:freelistenonline.com

 

S.L.A.C.K.のラップを初めて聴いた人は、まずその声質の中毒性に気付くことでしょう。

 

NEXT / S.L.A.C.K.

 

気怠い雰囲気のある独特の声質。このゆるーい感じのトラックとS.L.A.C.K.の気怠い声がいい感じにマッチしてて気分を落ち着かせるというか、聴いてて気持ちよくなれるんですよね。

 

SLACKは英語でゆるい」とか「たるんだという意味があるので、まさにこの声質といい、トラックといい、S.L.A.C.K.というネーミングにはそういった世界観から来ているのでしょうね。

 

ただ活動の場は全然ゆるくなくて、、笑

 

ラッパーとしての活動はもちろん、トラックも自分で作るし、スケートも乗りこなすし、ついこの間なんてNTT docomo制作の2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて準備を進めているアスリート達を追った映像「Style ’20」CMソングまで担当してるんですよね。

 

Style’20「はじまりの歌」篇

 

兄のPUNPEE同様、ヒップホップ音楽の才能に満ち溢れてるラッパーです。

 

Fade Out / S.L.A.C.K. & Ces2 prod by Ces2
トラックがすげーチルってて最高。
ドライブしながら聴きたいっすね。

 

時はたち / 5lack

 

Feelin29 Feat.KOJOE / 5lack

 

 

小林勝行(神戸薔薇尻)

出典:kanekoyama.com

 

「かっつん」の愛称で慕われる小林勝行(こばやしかつゆき)

 

もともとは神戸で神戸薔薇尻(コウベバラケツ)というグループを組んで活動していたことでも知られています。

 

以前ニート東京の動画で沖縄県出身のラッパー唾奇が影響受けたラッパーの1人にも挙げてました。またCreepy NutsのラッパーR-指定、DJ松永もまた自身のラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」において小林勝行のラップを絶賛しておりました。

上述した2人に比べてインパクトある声かと言われるとそうではないかもしれません。

 

けど、この人のラップを聴いたことない人がいたら是非聴いてもらいたいです。

 

聴けばきっと5分のラップが一瞬に感じられるくらい引き込まれるフロウを体感することになるでしょう。

 

蓮の花 / DJ NAPEY feat. 神戸薔薇尻

 

リリックの描写がけっこう生々しくて、そこに影響を受けているリスナーが多いと思います。

 

(歌い出し)

身に覚えのある裏切りは
浮気した結果クラミジア
それ親に隠しとんな
ハルシオン
一人のときは猫背で歩いとん

 

蓮の花は歌い出しからけっこう度肝抜かれますよね。笑

 

108 bars / 小林勝行(ex.神戸薔薇尻)

 

ただ、やはり小林勝行といえば「100 bars」ですよね。

1曲で9分という超大作。もうラップを聴いてるというより1つの映画を観させられているかのような、、、ラップのストーリーテラーと呼べるかもしれませんね。是非聴いて欲しいです。

 

 

from隔離室 / 小林勝行

 

蓮の華2020(feat.小林勝行) / DJ HAMAYA
新型コロナウィルスの影響で開催が中止になったライブだったが
そのライブハウスにて撮影された名曲蓮の花の2020ver.

 

 

仙人掌

出典:dogearrecordsxxxxxxxx.com

 

MONJUのメンバーとして活動する言わずと知れた東京最高峰ラッパー仙人掌(センニンショウ)

 

読み方はサボテン(仙人掌)ではありませんのでご注意を。笑

 

ラッパーの模範のような「カッコいいラップ」そして「カッコいい声質」

 

2016年12月にリリースされた待望の1stソロアルバム「VOICE」はヒップホップ中毒者たちを唸らせる完璧な完成度でした。

 

VOICE / 仙人掌

出典:wenod.com

 

 

Be Sure / 仙人掌

 

SEKTION RED EXCLUSIVE (Prod By GENJU) / 仙人掌
いやー、超カッコいいっすね。

 

Darlin’ feat. JJJ / 仙人掌
JJJのチル系トラックと仙人掌のラップの融合は
まじで底なしのカッコよさっすね。

 

first jam magic feat. 仙人掌 / BudaMunk x Takumi Kaneko (cro-magnon) x mimismooth
個人的にBudamunkがかなり好きなので
この曲はリリース当時からずっと聴き続けてます。

 

 

 


 

 

筆者の独断と偏見ではありましたが、声やフロウに特徴のあるラッパーを紹介させていただきました。

 

まだまだオススメしたいラッパーはたくさんいますので、今後第二弾もやりたいと思います。

 

 

 

 

 

今回はこのへんで。

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました